ムダ毛処理の基礎知識〜カミソリでムダ毛処理するデメリット〜

ムダ毛の自己処理は、正しい知識を持ってしないと、危険なことがあります。
ここで言う危険というのは、単純に皮膚を傷付けてしまうという意味だけでなく、黒ずみができたり毛穴が目立つようになってしまう事によって、肌の見た目が汚くなってしまう危険性があるという意味も含めています。
ここでは、自分で行うムダ毛処理の方法として代表的なカミソリを使用した処理のデメリットについて説明します。
T字カミソリは値段も安いですし、手軽にできるので、カミソリで処理している方も多いでしょう。

 

皮膚はとてもデリケートですから、何も付けずに剃刀で剃るのは、皮膚をいじめるようなものです。
ですから、剃る時にはシェービングジェルなどで肌への負担を軽減するべきですし、シェービング後のお手入れもするべきです。
そうでないと肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
また、剃る時は体毛の流れに沿って剃る方が肌への負担が少なくなります。
体毛の生えている向きとは逆に剃った方が深剃りをする事ができるのですが、当然ながら肌にかかる負担が大きくなりますので、控えておいた方がいいでしょう。

 

カミソリで毛を剃る時には、どうしても皮膚を削ってしまいますので、皮膚のバリア機能は弱くなります。
また剃った後には、自分では肌を傷つけていないと思っていても、目に見えないような小ささの傷がたくさん付いてしまっているのです。
シェービングをした後に制汗剤などがしみたりするのは、このような皮膚に付いた小さな傷が原因です。
そのため、処理をした後には肌を清潔にして、保湿などのスキンケアをする必要があります。
処理後には素肌が乾燥しやすくなっていますので、肌への保湿を十分にしないといけません。

 

また、カミソリにより皮膚を傷つけてしまうと、その刺激・ダメージによって角質が厚くなってしまいます。
毛穴付近の角質も厚くなりますので、これは厄介な埋没毛をできやすくなる要因となります。
埋没毛をできるリスクを小さくするためにも、素肌には十分な保湿を普段から行って、皮膚を柔らかい状態に保つ必要があります。
もちろん、埋没毛は自己処理によるダメージなどが原因となってできるものですから、ダメージを少なくすることも重要です。

 

その他、肌へのダメージは、色素沈着の原因にもなります。
特に頻繁に処理した場合には、前の処理によるダメージが回復していない状態で、さらにダメージを与える事になりますので、色素沈着ができるリスクが大きくなってしまいます。

 

ここではカミソリによる処理のリスクを説明しましたが、その他の方法にも少なからずリスクがあります。
ですから、肌を美しく保つ事を考えると自己処理はやめる事が望ましいのです。

 

『キレイモ名古屋Cafe』TopPageに戻る